フローリングを守る

大工

住居のフローリングに、コーティング剤を塗布することで、フローリングの輝きと強度を増すことができます。これをフロアコーティングと呼び、最近の新築住宅やマンションを中心に普及し始めています。 フロアコーティングは、古くからボウリング場のレーンなどで施工されていて、重たいボウリングのボールでも傷が付きにくいのですから、その効果は誰もが認めるところです。 最近では、フロアコーティングに用いるコーティング剤は、多くの製品が開発されています。古くから用いられてきたコーティング剤にはウレタン系があり、それよりも耐久性が高いコーティング剤としてシリコン系やガラス系といったコーティング剤が新たに加わったのです。そしてこれらのコーティング剤は、それぞれの特徴を持ち価格が異なります。

フロアコーティングを行うために必要な経費は、一体いくらぐらいかかるものなのでしょうか。また、その経費は、コーティング剤の種類や業者によっても異なりますから、十分な事前調査が必要になります。 コーティング剤は一般的に、耐久性が高い製品ほど高額になります。選び方のコツとしては、コストパフォーマンスで考えると良いでしょう。要するに、同一面積を塗るのに必要なコーティング剤の価格を耐久年数で割ってみるのです。そして、その金額が低いコーティング剤が、コストパフォーマンスが高いと言うことができます。 業者については、インターネットの一括見積もりサイトで見積りを取って決めると良いでしょう。ただし、業者の評判も忘れずにチェックしましょう。

生活音を減らす

片付いた子供部屋

生活音は自分では感じていなくても隣や下の階の人がストレスを感じていることがあります。近年防音設備を売りにした住宅も多く、販売されるようになりました。個人で防音対策を行なっている人も多いです。

Learn More

リフォームの人気

新しいキレイな部屋

近年リフォームの人気が高くなってきています。建築の技術は年々上がってきているので、機能性とおしゃれな部屋の両方を一気に作ることができます。インターネットには多くの業者の口コミがあります。

Learn More

ふすまを変える

デザイナーズマンション

ふすまは日焼けや汚れがでてくるので、張替え業者に依頼することが大切です。専門的な技術をもっているので、見た目や仕上がりが一流の仕上がりになります。ふすまは大きさに関係なく1枚から注文できます。

Learn More